スマホ依存症

巷で見かける人は、誰もがスマートフォンを手にしている。電車やバスの中で、多くの人がスマートフォンを操作している姿は、もはや当たり前のこととなった。

スマートフォンを持てば、パソコンを持たなくても、Web上での色々な調べ物がこれ1台で可能であるし、メールやSNSで簡単にコミュニケーションが取れる。さらにゲームも遊べるし、写真や動画も撮ることができる。映像や音楽鑑賞もできるし、買い物もできる。何よりも、これだけの機能を簡単に持ち歩けるのだから、もはや便利過ぎて、これがなければ生活できない、という気持ちになるのは当然かも知れない。そうなると、余程の自制心が無ければ、誰もがスマートフォン依存症にまっしぐらということになる。

しかしながら、多くの人がスマホに依存している自分を何とかしなくては、と思っているかというと、そうでもないらしい。ある調査機関のアンケートによれば、スマホを持っている15歳~59歳の男女の内「スマホにかなり依存している」と「やや依存している」と答えた人の合計は、全体の8割を超えていると聞く。結局、ほとんどの人がスマホに依存しているという状態を、別に構わないと思っているようだ。

生命保険の口コミ.COM お家の見直ししま専科 工務店向け集客ノウハウ 住宅リフォーム総合情報 JALカード お小遣いNET 英語上達の秘訣 生命保険の選び方クレジットカードの即日発行じゃけん 健康マニアによる無病ライフ 家計見直しクラブ